年代別おすすめ帯結び 30代 半幅帯編

みなさんが着物を着る時に注目するところはどんなところでしょうか。

色や柄はもちろん、どんな帯を締めるかも着物選びの楽しみのひとつと言えるでしょう。

半幅帯」は、一年を通して締められるところや結びやすいことから、普段着用のカジュアルな着物に合わせるのに大活躍する帯です。

今回はそんな「半幅帯」の結び方について、特に30代の方におすすめの帯結びを紹介したいと思います。

ちょっとしたお出かけに

堅苦しいイメージがあったり大げさな気がしたりして、着物を今まで着たことがないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方でも、夏場の浴衣なんかはまだ気軽ですし、ちょっと着てみようかなという気持ちになったりするものです。

浴衣でなくても、ウールや紬のカジュアルな着物をレンタルしてというのも手始めにはおすすめです。

そんな時に締める帯は「半幅帯」といって帯幅が半分のものです。

帯幅が狭い分、結びやすいので自分一人でも簡単に着つけることができます。

結び方はたくさんありますので、中にはきっと自分の好みの雰囲気が出る結び方があるはずです。

なんとなくでもイメージしておくと、着付けてもらう際に注文もできますし、より自分なりの着こなしができます。

30代の方におすすめの帯結びは、遊び心のある大人っぽさを演出できるものです。

ここにいくつか紹介しておきますのでぜひ参考にしてみて下さい。


こちらは「貝の口(かいのくち)」系の帯結びです。

この写真のように帯締めを使うと、着崩れしにくいプラスきっちり感も出るので大人っぽい雰囲気にしたい方にはおすすめです。

ひらべったい造りになっているので背もたれを気にせず椅子に座ることができます。

少し低めの位置に結ぶと粋な感じが引き立ちます。


こちらは創作系の変わり結びです。

バラか牡丹のようなあでやかな帯結びがドレッシーな雰囲気にしてくれます。

着物、帯ともにシンプルな柄でこの結び方をすると、エレガントな華やかさが演出できます。

美術館などのちょっとしたおでかけにいいですね。


こちらは「文庫」系のシンプルな帯結びです。

シンプルではありますが、かちっとした帯結びではないので、しなやかで女性らしい印象が30代の方にぴったりです。

何重にも重なるたれが、上品な華やかさを印象づける帯結びです。

帯揚げや帯締めを使って結ぶと、より華やかで大人っぽくなります。

着物をシンプルなものにして、こちらの帯結びを引き立たせるとエレガントでいいですね。


「立て矢」系の帯結びは年代問わず似合うと思いますが、こちらのように渋めの色柄で結ぶととても粋ですね。

同じ帯結びでも、使う帯の色や柄によって雰囲気が違ったりするのが着物の面白いところです。


こんな遊び心のあるかわいらしい結び方は、帯をモダンなものにすると大人かわいい印象になります。

30代の方は少し低めの位置に結ぶと落ち着いた雰囲気になるのでおすすめです。

浴衣の時だと少し暑苦しい印象なので、それ以外のカジュアルな着物に良く合う帯結びです。