年代別おすすめ帯結び 30代 袋帯編

30代の方の着物の着姿は、おとなしい中にちょっとの遊びの見えるものがステキです。

時には粋な雰囲気なんかもいいですね。

「袋帯」を使っての帯結びは、基本的には「お太鼓」を結ぶことが多いとは思いますが、遊び心のある変わり結びも気分が変わっていいものです。

ここでは30代の方におすすめの帯結びをいくつか紹介していきたいと思います。

帯の結び方で着姿の雰囲気が違ってきますので、いろんな帯結びで着物を楽しんで頂ければと思います。

フォーマル、カジュアルどちらでも◯

ここで紹介する帯結びは特にシーンを選ばないものです。

フォーマルな時は帯をみぞおちあたりにきちっと結び、カジュアルな時はその少し下目に結ぶと、ちょっとゆるめな感じが粋で色っぽく映ります。

二重太鼓

帯結びの中でも基本といわれる「二重太鼓」です。

結びやすく着崩れもしにくいので長く着物を着る時にはおすすめの帯結びです。

年代問わず結ばれることが多いです。

背の低いかたは小さめに、高い方は大きめにつくるとバランスがよくなります。

背の高さに関係なくても、お太鼓の大きさで着姿の雰囲気を変えることもできますので帯や着物の色柄によっていろんな大きさをためしてみると良いですね。

角出し

昔深川の芸者さんが結んだ「角出し」は、現在でも粋な雰囲気を作り出す帯結びとして人気です。

「お太鼓」結びの元になった結び方で、帯揚げや枕を使わないことが特徴です。

帯を下目に結ぶとより粋な感じになります。

おしゃれで粋な雰囲気になるのでカジュアルな着物の時におすすめです。

華扇太鼓

「お太鼓」結びの変形で、扇に見立てたデザインがおめでたい席なんかにおすすめの帯結びです。

アシンメトリーな仕上がりが大人のしゃれっけを演出しています。

枕と帯締めを使って結ぶので崩れにくく、長時間着物を着る時にはおすすめです。

変わり太鼓

こちらは「お太鼓」系の変わり結びで、普通の「お太鼓」よりもゴージャスな印象になります。

ふんわりした意匠がかちっとした「お太鼓」結びを華やかにみせます。

こちらもパーティーやおめでたい席におすすめの帯結びです。

カジュアルな着物の時に結んでも、大人っぽいかわいらしさが出てステキですよ。

変わり太鼓

雰囲気としては「角出し」のような粋なこちらの変わり結びは、大人の遊び心が出ていて30代の方にぴったりの結び方ですね。

この写真のようにモダンな柄の着物との相性は抜群です。

どちらかというとカジュアルなシーンにふさわしい帯結びです。